シリカ・ケイ素

シリカとは、ケイ素(珪素)とは?わかりやすく解説

ミネラルウォーターの、のむシリカで一躍有名になったシリカ水。

でも、
「シリカって一体どんな成分?」
「どう体にいいの?」
「大量に飲んでも大丈夫?」

シリカってなに?

そんなふうにモヤモヤしている方が多いのではないでしょうか。

ここでは「シリカ・ケイ素とは」についてわかりやすく解説していきます。

シリカ・ケイ素(珪素)とは?

簡単に言うと、人間の体全体を支えているミネラル成分のことです。
健康はもちろん、老化や美肌、免疫力に直結している成分とも言われています。
もっと詳しく知りたい方は↓ここを読んでね。

ケイ素(珪素)
この地球上で酸素の次に多く存在する元素の1つです。
地球の表面は30%のケイ素と70%酸素でできています。
土や岩などにの鉱物(結晶性)に最にも多く含まれ、稲やじゃがいものなどの植物(非結晶)、人体の中にも存在しています。

人間の体の骨・関節・血管・皮膚・毛髪・歯・爪などの細胞多く含まれており、必須ミネラルとして健康を支えています。
ケイ素は老化と直結する成分であることから、「予防医学」「免疫力向上」につながるとして注目されています。

日本語名はケイ素とも珪素とも両方で表記されます。
英語名でシリコン 元素記号はSi

シリカとケイ素の違いって何?

多くのシリカ商品は、ケイ素=シリカと表現されていることが多いですね。
ここでは基礎知識と言うことで違いをお伝えしておきます。

正しく言うと、ケイ素と酸素が結合した状態をシリカ(SiO2)といいます。

ケイ素は単体で存在することができず、必ず酸素と結びついて存在しています。
その状態をシリカと呼びます。

ケイ素と酸素でシリカになる

シリカの中にケイ素が存在しているので、シリカの中のケイ素濃度が重要になります。残念ながらケイ素濃度を正しく表記しているミネラルウォーターはほとんどありません。

シリカのミネラルウォーターにはどのくらいケイ素が入っているかについても後ほど説明します。

シリカミネラルウォーターの比較

ケイ素には種類があります。

ケイ素は大きく分けて3つの形で存在しています。

ケイ素の成分は水晶・湧き水・稲の三種類

  • 鉱物(結晶質)
    鉱物性として最も多く存在しているのはが石英(水晶)。地殻内にはシリカが大量に含まれており、地球の表層の約6割がシリカを含む鉱物です。この鉱物性のシリカを素材に、飲用以外にもガラスやコンクリート、シリカゲルなどが作られています。

  • 珪藻土・湧水(潜晶質)
    動植物の死骸が石灰化したものに元々含まれる不溶性のシリカが原料。天然の ミネラルウォーターなどに含まれるシリカも珪藻質に含まれます。

  • 植物(非晶質)
    植物の中でも稲のもみ殻が一番多くのケイ素を持っています。もみ殻からの栄養素もプラスされ、今のケイ素の中で唯一安全が厚生省から保証されているものです。

シリカの健康への役割

私たちの身体は、水とミネラル元素で形成されています。そのミネラル元素の中の一つがケイ素です。
ケイ素は自分の体内で生成することができないため、40歳代を過ぎると体内のケイ素はほとんど無くなってしまいます。

その頃から年齢を感じ始めると言われているのもケイ素の減少と大きく関わっているからでしょう。

加齢による変化

ケイ素が不足すると起きることとは?

ケイ素不足バナー
そのほか

  • 免疫力の低下
  • 肌のたるみやシワ
  • 骨粗しょう症、骨折
  • 高血圧や動脈硬化などの生活習慣病
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 感染症(風邪、肺炎、ヘルペス、真菌症)
  • 脳の老化(認知症、パーキンソン病、うつ)

体内ケイ素はほんの数パーセントしかない微量ミネラルですが、この少ないケイ素が大きな役割をしています。

シリカの大きな特徴は、栄養素同士をまるでセメントのように繋げ、それそれの栄養が最大限の力を発揮させることができることです。

若返りをうながすケイ素の効果

正しいケイ素を選び、正しく摂取するとケイ素は確実に体に応えをくれる優秀な成分です。

デトックス効果

人々の生活の一部となったジャンクフードやコンビニ食。
このような加工品で現代の人々は知らず知らず毒素を蓄積しています。
そう言ったもはや避けられない重金属などの毒素を排出してくれる効果がシリカにはあります。
ケイ素は有害な重金属などをデトックスしてくれる


美肌・アンチエイジング効果

ケイ素でコラーゲンが増加する。ケイ素で繊維芽細胞が活性化


トラブル肌になりやすい状態

ケイ素が不足するとシワやたるみの原因に

骨密度のアップ
1日40mgのケイ素で骨密度が10%高くなる
カルシウム以上に大切なケイ素
ケイ素不足で骨が弱くなる
若々しい髪質
ケイ素で抜け毛が減る。艶が出る
コシがなく艶のない髪
ケイ素が足りない髪は抜け毛の原因に
ケイ素が摂れてる健康的な爪
シリカを摂ると健康的な爪になります
ケイ素不足で起こる薄い爪・二枚爪
シリカ不足で二枚爪や薄い爪に

医療先進国ドイツでは圧倒的人気のサプリメントがケイ素です。

注意:効果が得られるシリカと得られないシリカがある

正しいシリカを選び、正しく摂取をすればシリカは即効性を感じられる素晴らしい成分です。

シリカの選び方は大変重要です。必ず知っておきましょう

シリカの選び方と飲み方

以下の3つを必ずチェックしてください。

  1. シリカ原材料は何でできているか?
  2. シリカ含有量
  3. 飲み方は1日数回に分けて飲む。

 順番に説明していきます。

1.シリカの原料は植物性を選ぶ

鉱物性を原料としているシリカは発癌性を含のリスクがあります。

よく、「シリカの過剰摂取はしない方がいい」という記事を見かけますが、これはある意味正解です。
なぜなら鉱物性のシリカ は必要以上に摂ると体に悪影響があるからです。

水晶などから抽出する鉱物性ケイ素には、発癌物質が含まれています。
さらに、水溶性と書かれていますが、実際のケイ素は溶けてはいません。

鉱物性シリカの抽出方法は2,000度の熱で石英を溶かして製造しますが、その時は確かに水溶化の状態に一旦はなります。しかし冷えてくると再度結晶化されてしまうのです。

こちらをご覧いただくと一目瞭然です。

結晶質に戻ってしまうと体に吸収されなくなります。
なので、効果体感が思うように得られないのです。

2.ケイ素含有量の多いもの

商品名 500ml含有量シリカ原材料
のむシリカ48mg珪藻土・湧水
silica11760mg珪藻土・湧水
美陽堂シリカ水25mg珪藻土・湧水
フィジーウォーター 46.5mg不明
極天然水48.5mg珪藻土・湧水
玉肌シリカ48.5mg(中硬水)
36mg(軟水)
珪藻土・湧水
植物性濃縮液
シリックス5ml
96mgお米のもみ殻

3.体内シリカを増やす飲み方は、1日数回に分けて飲むこと。

シリカを補給すると、腸によって吸収され、約120分で血清内のケイ素濃度が上昇。
そして生体内で重要な役割を果たし、3時間から9時間かけて尿として排出されます。
過剰に摂取されたケイ素や吸収に至らなかったシリカは尿となって排出されます。

そのため、一度に摂らず数回に分けて摂取するのが一番効果的です。

厚生労働省 食品添加物の基準に認められているのは植物性シリカのみ

鉱物性のシリカ(ケイ素)は発ガン性があるため、食品として厚生省に認可を受けられません。
また、母乳代替食品及び離乳食に使用してはならないと定められています。
WHO(世界保健機構)に認められているのは植物性シリカです。

シリカの過剰摂取に注意と言われる理由

植物性のシリカは厚生省に安全を認められているため、どんなにたくさん摂取しても全く問題はありません。
むしろどんどん体が改善されたり、免疫力もアップして良いことしかありません。
過剰に摂取されたケイ素や吸収に至らなかったシリカは、全身を廻り仕事をした後は尿となって排出されるだけなので、いくら飲んでも構いません。

ただし、鉱物性は別です。
飲みすぎるのは絶対に危険です。

鉱物性シリカは危険
鉱物性シリカを飲むのであれば、1日の摂取量を必ず守って下さい。

ここだけ覚えよう

  • ケイ素はアンチエイジング・免疫力の基礎となるミネラル成分
  • シリカの原材料選びに注意!
    鉱物性と植物性に分かれており、厚生労働省から食品として認められているのは植物性シリカだけです。
    さらに体内への吸収率が一番高いのも植物性のシリカです。

人間の体は自己免疫力をどう備えるかが鍵となります。
まだまだマイナー成分であるシリカの存在は人類の未来に影響を与えるのは間違いないようです。

この記事を書いた人
【シリカ・ケイ素研究家】 森喜代美
現役看護師: 「最も効率がよく理にかなっている」という言葉がぴったりの栄養成分『ケイ素』を知ったのが約5年ほど前になります。 ケイ素が人類の健康と健全な精神に有益だと感じ、看護師という資格を生かしつつ、あらゆる角度で情報を収集しています。 経歴:国立療養所近畿中央病院呼吸器疾患病棟3年勤務。がん予防検診センター、2年勤務。他、脳外科病棟、形成外科、耳鼻科、消化器を経て現在は訪問介護の看護師を続けながら、ケイ素研究家として活動しています。
タグ一覧
他の記事を読む
ケイ素が含まれている臓器別必要栄養素の一覧 シリカ・ケイ素

ケイ素が必要な臓器・組織一覧

2021年5月29日
シリカライフマガジン
ケイ素は体中に必要とされている重要な栄養成分です。 ケイ素は体内の多くの存在していて身体中を駆け巡っています。 とても地味でマイナーな存在ですが、体の細胞と細胞を結びつけ、抗酸 …