about us

シリカライフマガジンの自己紹介バナー

“シリカライフマガジン”は、100%植物性シリカを使用した自社ブランドを製造・販売するメーカー『シリカラボラトリー』の情報サイトです。

シリカは人類に有益なミネラル成分ですが、認知がとても低く情報量も圧倒的に少ない状況です。

植物性ケイ素に至ってはさらに歴史が浅く、その素晴らしさはほとんど知られておりません。

そこで少しでも多くの方に、健康・美容・アンチエイジング・そして自己免疫力を作ることを目指すために、シリカ・ケイ素の情報を発信しています。

\ story  
1.

ケイ素を知って15年。良いケイ素を選ぶまで15年

シリカとは、ケイ素とも呼ばれるミネラルの一種です。
シリカは人体に約18g含まれ、さまざまな臓器に存在し、老化や酸化を防いでくれるとても優秀な成分です。
私たちがそのことに着目したのは15年くらい前になります。
素晴らしい成分だと心を揺さぶられたものの、その頃のケイ素商品は”鉱物性”しかなく発癌性を伴っているため、摂り入れることを見送りました。

そして、約15年後。ひょんなことから植物性ケイ素と再会です。
ケイ素の有益性を知っていただけに、「これだ!」とビビビッと来たのは言うまでもありません。

\ story  
2.
ドラッグストアのボディソープで起きた事件

植物性シリカ入り石鹸誕生のきっかけは先代の社長。
故・社長は肌が丈夫で肌艶のいい健康体でした。しかし、ある日突然顔全体が真っ赤になり、首まで発疹が広がり赤くて痒くてパニックになる事態に!

突然襲われたひどい痒み。原因もわからず皮膚科に2~3ヶ月通い、ステロイドや飲み薬で対応。
それでも良くなる気配は全くありません。病院を何箇所も変えたり、原因をさぐったりしながら辛い日々を送っていました。

原因がわからない、対処方法もわからない状態が一番辛いものです。

そんなある日、一人のスタッフがつぶやいたのです。

「社長、ボディソープ変えませんでしたか?」

その通り、固形石鹸から大手メーカーの市販のボディソープに切り替えていたのです。

ひとまずそのボディーソープをやめ、急遽会社で扱っていた植物シリカの濃縮液を入れ、コールドプロセス製法で石鹸を試作しました。

すると、なんと!ほんの数日で驚くほど肌が蘇り、みるみる元の姿に戻ることができたのです。
この時の感動は今も忘れられない体験となりました。

\ story  
3.
植物性シリカ濃縮液で検証開始

もともと宝石店が本職の私たちは、会社内で使うために植物ケイ素濃縮液を飲用していましたが、本格的に使用体感の検証開始を開始しました。

飲用での体感の良さはもちろんのこと、ケイ素を入れた石鹸は社長の変化で確認済み。
そこで
本格的に検証を開始した結果、想像以上の反響が見られました。

  • 子供の頃からのアトピー持ちのスタッフ。
  • 手荒れがひどくて指が曲がらない美容師のお客様。
  • 糖尿病を患うスタッフの家族。
  • イボが次々と生まれるスタッフの飼い犬など

植物性ケイ素の濃縮液を飲んだり、石鹸を使うことで驚くべきケイ素の検証結果が次々と上がってきました。
そして、今こそケイ素は必要なのだ、とそれまで社内で消費していただけのシリカを商品化しようと決意したのです。

\ story  
4.
身内のために作っただけの商品

信じて頂けないとは思うのですが、弊社の植物シリカ製品は商品の中身にコストを半分掛けてしまっています。
商売としては全く成り立ちません。
シリカ入り石鹸のSILEEQは、製造メーカーさんである無添加石鹸本舗の丸菱石鹸に製造を依頼していますが、社長に驚かれたほどです。

もともとが家族(会社のスタッフ)の健康のために作ったもので、販売を目的としていなかったため、商品の中身そのものには、これでもか!というほど高級成分を入れ込んでしまったのです。

\ story  
5.
よいものをどう見分けたらいいのか、という問題

化粧品業界は製品の中身だけの原価率は約16%と言われています。
その他の経費として、配送費用・販売店への利益・給料・広告費などがプラスされます。
結局、利益は原価率と同じ15%前後。
商売として成り立たせるためには実に真っ当な中身と言えるのかもしれません。

が、しかし一番驚いたのは、良い成分として使われている量の少なさです!
化粧品はほんのわずかの原材料を入れるだけで、成分内容に表記することができます。
ほんのわずかでも入れると表記できる、形だけの成分。
添加物はもりだくさん。でも書かれているのは無添加でオーガニック。
ここでは書きませんが、なぜそう書けるのかには抜け穴があります。
そんな業界の常識を知って呆然としたのは、私たちが素人だったからなのでしょう。

本当に良いものを”良い”と伝えることの難しさを痛感した瞬間です。

 

\ Message  
6.

本当のきもち

私たちは、ただよいものを知ってもらいたい。
情報過多のこの時代だからこそ、正しく真っ当な情報を聞いてもらいたい。
その一念でこのサイトを作りました。
ブランド力も知名度もない小さな会社ですが、せめて誠実に率直に商品とお客様に関わりたいと思っています。

 

運営元 シリカラボラトリー
代表 森 要子