健康というテーマを真摯に考える

私たちは、植物性のケイ素と出会い、鉱物性も植物性も含めて徹底的に調べ体験し、ケイ素という人にとってなくてはならない元素に魅了されました。
それは、偏った見解ではなく良いことも悪いことも客観的に比較し、贔屓することもせずあらゆる角度でケイ素の可能性について考えました。

きっかけは世の中の化粧品業界への疑問

今は亡き社長がドラッグストアで売られている”あるボディ石鹸”を使用し、肌が炎症を起こしてしまった事がきっかけでした。
「植物性だから肌に良いい、赤ちゃんにも使える」と謳っているその製品に入っているのもは、合成添加物や合成界面活性剤で泡を作る肌に良くないものばかり。
会社が儲かるため、商売のためにと大手がやっているのはそういう事なのか?と倫理観に疑問を持ち始めました。

長い人生の中で今さら気付いた事ではありますが、人は時に突然当たり前のことが当たり前ではないと気づく瞬間が訪れるものです。
そして、その気付いてしまった事に目を背けず、自分が生きている間に商売としてではなく本当に良いものを一つでもこの世に残してみたい。

そんな時に偶然のような必然で出会ったのが植物性のケイ素でした

業界でなぜ植物性のケイ素が叩かれるのか圧倒的に植物性が体にいいと言う事実があるから

シリカそのものを調べるにつれ、鉱物性のケイ素と植物性ケイ素の違いを大きさを知ることになります。
商品化され、多く出回っているのは断然に鉱物性シリカが多い。
理由は、鉱物性シリカの方が簡単に抽出できるのと、商品化するまでのコストの安さです。

ケイ素は水溶化しなければ、どれほど摂っても体には吸収されない、という重要なポイントがあります。

それは、ビニールとタオルを比較して「ビニールも水を吸収するのだ」と言っているようなものです。

植物性シリカの安全や体に吸収されるという重要な点など、どこを取っても植物性シリカの方が健康や美容に有益なのです。

もしも、弊社も鉱物性の方が人に優しく健康に選ぶべきものだとしたら、鉱物性を選んでいるのは間違いありません。

「本当に良いもの」という価値観をブラさない

多様化する商品や便利な物が生まれ続ける中で、”できるだけ自然なもの” ”できるだけ添加物のないものを” というテーマを変えることなく、常にサービスの向上と安心できるものをお届けしたいと考えております。

運営者情報

会社名 株式会社ニチジン
所在地 大阪市北区鶴野町4 コープ野村梅田A棟1413号
代表電話 06-6374-1925
URL silica-laboratory.jp
設立 2017年1月
事業内容 100%植物性ケイ素(シリカ)濃縮液「シリックス」及び、肌トラブル対策も見込めるシリカ入り石鹸「シリーク」の販売。
お問合せ info@silica-laboratory.jp
PAGE TOP